[PR]

 加藤勝信・1億総活躍担当相は23日、安倍政権が掲げる「1億総活躍社会」の実現に向けた政策を協議する国民会議のメンバーを発表した。議長には安倍晋三首相が就き、関係閣僚13人が参加する。民間議員には、タレントの菊池桃子氏ら15人を選んだ。

 菊池氏は、タレント業と子育てを両立させていることや、母校の戸板女子短大(東京都港区)の客員教授として雇用政策に詳しいことなどから選出。ほかには人口減で存続が危ぶまれる「消滅可能性都市」を指摘した日本創成会議座長の増田寛也元総務相や、経済界からは経団連の榊原定征会長、日本商工会議所の三村明夫会頭らもメンバー入りした。

 初会合は、首相が海外出張から帰国した後の29日に開く方向。政府は国民会議の議論をもとに、11月中に緊急対策の第1弾をまとめる予定だ。

1億総活躍国民会議の民間議員(敬称略)

飯島勝矢・東大高齢社会総合研究機構准教授

大日方邦子・日本パラリンピアンズ協会副会長

菊池桃子・タレント

工藤啓・NPO法人「育て上げネット」理事長

榊原定征・日本経済団体連合会会長

白河桃子・ジャーナリスト

高橋進・日本総合研究所理事長

対馬徳昭・社会福祉法人ノテ福祉会理事長

土居丈朗・慶大経済学部教授

樋口美雄・慶大商学部教授

増田寛也・元総務相

松為信雄・文京学院大人間学部教授

松本理寿輝・まちの保育園代表

三村明夫・日本商工会議所会頭

宮本みち子・放送大副学長

こんなニュースも