[PR]

 東芝が開発したアンドロイド(人型ロボット)の地平(ちひら)ジュンこさんが23日、東京都港区の商業施設「アクアシティお台場」に登場した。日英中の3カ国語で、外国人観光客らに観光やイベントの案内をする。

 ジュンこさんは身長165センチ。昨年10月にデビューした、日本語を話すアンドロイドの地平アイこさんの妹で、26歳という設定。東京都の「おもてなし促進事業」の採択を受け、お台場周辺の案内をすることになった。「ハロー、アイアム、コミュニケーションアンドロイド」と自己紹介もする。来月にはクリスマスの衣装に着替える予定だ。

 今はイベントや店の簡単な紹介ができるだけだが、2017年度中には画像と音声認識機能を組み入れ、相手にあわせた会話ができるようになる見通し。「成長ぶりにも期待して欲しい」と東芝の担当者。(杉浦幹治)

こんなニュースも