[PR]

 24日午前4時ごろ、熊本市北区の九州自動車道下り線の植木―熊本インター間で、牛8頭を積んだトラックが横転し、2車線をふさいだ。事故の影響で付近は約3時間半にわたって通行止めになった。熊本県警によると、牛5頭が荷台から逃げ出し、このうち1頭が後ろから来た別のトラックにはねられて死んだ。

 県警高速隊によると、牛は黒毛和牛。トラックは山口市から鹿児島県姶良市に牛を運ぶ途中だったという。逃げた牛のうち死んだ1頭以外の4頭は、警察官や畜産業者がつかまえた。

 トラックを運転していた畜産業の男性(58)が両足に軽いけが。助手席の男性(69)にけがはなかった。現場付近は直線区間という。(仲大道)