[PR]

心の傷と向き合って ルポ・あいち小児センター:4

 「いってきます」

 午前8時半過ぎ、心療科病棟の子どもたちは、隣接する特別支援学校に向かう。1人の女の子が「手つないじゃおう」と付き添いの看護師の手を取ると、別の子も「私も」とじゃれついた。

 小学校高学年の女の子Dさんは、ちらりとその様子を見ながらも、輪に加わらない。ランドセルを小さく揺らしながら、表情を変えずに歩いていった。

 Dさんは、父親からたたく蹴るの暴力を受けていた。父が出張などで不在がちになると、今度は彼女がきょうだいを殴ったり、母親に暴言を吐いたりするようになった。

 虐待を受けた子は、同じことを再現する傾向がある。医師の川村昌代さん(41)は「怖い存在がいなくなり、ホッとしたんでしょう。暴力を振るった父親と同じように、自分の思い通りにいかない時に暴力で解決しようとしてしまう」と話す。

 さらに、虐待通告を受けた後の診察で、Dさんは自閉症スペクトラム障害だと分かった。他人の感情を読み取るのが苦手で、親が不機嫌な時に気づかず、まとわりついて怒られた。きょうだいと比べ、「嫌われている」と思い込んでしまっているようだった。

 入院当初はベッドの周囲のカー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら