[PR]

 特許庁は27日、今年4月から新たに登録対象に加わった音や動きなど5種類の「新商標」の審査結果の第1陣を発表した。湿布薬の「サロンパス」で知られる久光製薬の「ヒ・サ・ミ・ツ」のメロディーなど計43件の登録が認められた。

 「音」では、味の素がテレビCMなどで使う「あ・じ・の・も・と」や、食品メーカーのフジッコのCMの「ふじっ子のおまめさん」といったメロディー、大正製薬がCMで使う「ファイトー、イッパーツ」というかけ声など計21件。「動き」では、布包みがほどけて一升瓶が姿を見せる菊正宗酒造の映像など、計16件の登録が認められた。

 このほか、エドウインのズボンのポケット左側面のタグの場所など「位置」の商標が5件、角度によって模様が浮かび上がる「ホログラム」は1件。「色彩」の登録は今回はなかった。

 特許庁によると、今月23日までの出願は5種類で計1千件を超えたという。