[PR]

 米マイクロソフトは26日、有名ブランド店が並ぶニューヨークの目抜き通り「五番街」に初の旗艦店をオープンした。わずか数百メートル離れた場所には、米アップルの旗艦店もあり、IT業界のライバルが世界的な観光地で争うことになりそうだ。

 店舗名は「マイクロソフトストア」。基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」搭載の最新のパソコンや、自社製のタブレット端末「サーフェス」シリーズ、ゲーム機などをそろえた。世界各地からの観光客に対応するため、修理や技術の相談窓口は多言語で対応できるという。

 マイクロソフトは創業以来、ソフトウェア分野で成長したが、近年のパソコン市場低迷に伴い、同社の業績も伸び悩んだ。そこで、最近は自社でタブレットやノートパソコンの開発にも乗り出した。直営店で自社製品をアピールしていく。(ニューヨーク=畑中徹)