[PR]

 サッカーのブータン代表の築舘範男監督(55)が解任されたことが27日、分かった。ブータンはワールドカップ2次予選C組で5戦5敗の最下位。9月の3戦目のカタール戦は0―15で敗れ、10月8日の4戦目のモルディブに3―4で敗れた後に解任されたという。

 築舘監督は名古屋のコーチや清水ユース監督を歴任した後、2005年から日本サッカー協会が進めるアジア貢献活動の一環として、グアム代表監督や19歳以下東ティモール代表などを指導。今年3月、当時世界ランク最下位ながらW杯アジア1次予選を突破したブータン代表監督に就任し、2次予選から指揮を執っていた。今回の解任について「事情を話すことはできない」としている。

こんなニュースも