[PR]

 老朽化した本館を建て替える「ホテルオークラ東京」(東京都港区)は、客室やレストランで使っていた家具や備品などをインターネット上で販売する。収益は東日本大震災の被災地の子どもたちを支援する団体などに全額寄付するという。

 1962年5月に開業した本館は、「日本モダニズム建築の最高傑作」と言われ、国内外の賓客を半世紀以上にわたり迎えてきた。今年9月から休業し、解体工事が進んでいる。新本館は2019年に営業が始まる予定で、「オークラ・ランターン」と呼ばれたつり下げ式の照明や梅の花を模した机と椅子などは新本館でも使われる。

 旧本館の家具などの販売は11月4日から始まる。ヤフーと電通が共同運営するサイトでは、スイートルームやレストラン「桃花林(とうかりん)」の椅子とテーブルのセットなど58品目343点をオークション形式で販売。「チケットぴあ」の特設サイトでは、じゅうたんや壁紙の加工品など27品目約2千点が定価(税込み1800円~100万円)で売り出される。

 収益は福島県相馬市と岩手県大槌町で音楽教育を行う一般社団法人「エル・システマジャパン」などに全額寄付する。ホテルの担当者は「思い出の共有と社会への貢献が目的。譲ってほしいというお客様の声に後押しされた」と話す。

 詳しくはホテルのホームページ(http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/events/charity/別ウインドウで開きます)で確認できる。問い合わせはホテルオークラ東京(03・3224・9052)。(藤原学思)