[PR]

 川崎市の老人ホームで昨年11~12月に3人が相次いで転落死した問題で、同じ系列会社が運営する千葉県内の老人ホーム2カ所でも過去3年間に2人が転落死していたことが28日、わかった。川崎の問題を受けた県の調査で判明した。

 千葉県は9月、所管する老人ホームなど高齢者福祉施設が提出した2012~14年の事故報告を調査。その結果、13年9月、市川市の施設で当時86歳の男性が4階のベランダから転落して後に死亡、14年11月には松戸市の施設で当時80歳の男性が3階のベランダから転落して死亡していた。いずれも転落死が相次いだ川崎市の施設を運営する会社の親会社「メッセージ」(岡山市)が運営する介護付き有料老人ホームという。

 調査結果を受け、県は9月末に2施設を立ち入り検査し、ベランダの柵の高さが基準を満たしているかなどを調べた。今後、再発防止策が取られたかを確認するとしている。

 市川の施設の事故をめぐっては、遺族が運営会社に約3400万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こし、施設側と争っている。