[PR]

 読者プレゼントの当選者を水増ししたとして消費者庁から措置命令を受けた秋田書店が、景品発送を担当した30代の女性社員を懲戒解雇した問題で、解雇無効を求めた女性側と秋田書店が28日、東京地裁で和解した。秋田書店が女性側に解決金120万円を支払い、女性は退職することで合意した。

 訴訟で秋田書店は、女性が商品を発送せずに横領していたとして2012年3月に懲戒解雇にしたと主張。女性側は「横領した事実は無い」などと反論していた。秋田書店は「和解金を支払うことで早期解決による平穏を考えた」とのコメントを出した。

 秋田書店をめぐっては13年8月、女性向け漫画月刊誌のプレゼントを実際より多く表示したとして消費者庁が景品表示法違反で措置命令を出していた。