東京モーターショー会場に集まった乃木坂46のメンバー6人
[PR]

 30日から一般公開の東京モーターショー(東京都江東区の東京ビッグサイト)で、メディア向け内覧会があった28日、アイドルグループ・乃木坂46のメンバー6人が会場を訪れた。未来を予感させるコンセプトカーから市販車、ロボットまで幅広い展示にメンバーたちは興味津々。「乗ってみたい車が幾つもある!」「こんな技術が早く実現するといいね」と興奮気味の言葉が相次いだ。

 自動運転も視野に入れたスバルの「ヴィジヴ フューチャー コンセプト」には秋元真夏さんが注目。普通自動車免許を持つ永島聖羅さんと斉藤優里さんはそれぞれ、プジョーの「208 Allure」とシトロエンの「C4カクタス」の特徴を聞き、運転に思いをはせていた。

 トヨタではロボットにも出会った。会話でコミュニケーションできる「KIROBO MINI」に衛藤美彩さん、高山一実さん、永島さんは声をそろえて「カワイイ!」。3人はホンダの不思議な乗り物「WANDER STAND CONCEPT」にも試乗。自然と笑顔がこぼれた。

 過去の名車にも触れた。マツダの「コスモスポーツ」は1967年発売のスポーツカー。工夫の凝らされたつくりに衛藤さんは感心したようだ。

 これからの若者を意識した「スマホのようなクルマ」の日産「テアトロforデイズ」は、車内の真っ白なインテリアに様々な情報を映し出す。深川麻衣さんは「すごい」と目を見張った。

 安全運転技術を疑似体験できる日立のシミュレーターに盛り上がるなど、多種多彩な自動車の世界に触れた6人。新たな世界を満喫した様子だった。(吉村真吾)