[PR]

 体操の世界選手権は28日、英国のグラスゴーで男子団体の決勝が行われ、日本は内村航平、田中佑典、加藤凌平、白井健三、萱(かや)和磨、早坂尚人の6人で臨み、計270・818点を挙げて37年ぶり6度目の優勝を果たした。内村が全6種目に出場してチームを引っ張り、中国の7連覇を阻んだ。

 日本の男子団体は2004年アテネ五輪で金メダルを獲得しているが、世界選手権での金メダルは笠松茂や塚原光男らを擁して優勝した1978年ストラスブール(仏)大会以来。(グラスゴー=河野正樹

 【男子】

 ▽団体総…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも