[PR]

 サントリーホールディングスが「特許権を侵害された」として、アサヒビールにノンアルコールビール「ドライゼロ」の製造や販売の差し止めを求めた訴訟で、東京地裁(長谷川浩二裁判長)は29日、サントリーの訴えを退ける判決を言い渡した。

 サントリーは「糖質やエキス分などを一定の範囲にしたノンアルコールビール」の特許権を2013年10月に取得。アサヒビールのドライゼロがこの特許を侵害しているとして訴えていた。これに対しアサヒビールは「サントリーの特許は既存の製品から容易につくることができ、特許として無効」と主張していた。

 サントリーは敗訴の判決を受け、知的財産高裁に控訴すると発表。「当社の知的財産である特許権を侵害され続けることは到底看過できない」とのコメントを出した。

 サントリーのノンアルコールビール「オールフリー」とドライゼロはシェア首位を争っており、訴訟の行方が注目されていた。