[PR]

 ライフネット生命保険は11月4日から、条件を満たした同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定できるようにする。「社会の同性カップルに対する理解が深まってきた」(広報)ため。これまで受取人は戸籍上の配偶者か2親等内の親族が原則で、事実婚も異性なら認めてきた。

 11月4日以降、同居を証明する住民票やお互いの直筆書面を出せば、同性のパートナーも受取人として認める。場合によっては面談して判断する。

 同性カップルをめぐっては、東京都渋谷区や世田谷区が結婚に準じる関係と認める書類を発行すると決めるなど、公的にも家族ととらえる動きが広がる。他生保でも、日本生命保険が渋谷区が発行する同性カップルの証明書があれば受取人として認める予定といい、こうした動きが広がる可能性がある。