【動画】圏央道 埼玉県内全線開通の式典=井手尾雅彦撮影
[PR]

 首都圏をぐるりと結ぶ圏央道。31日午後、埼玉県内の区間が全線開通する。東名高速と中央道、関越道、東北道が圏央道を通じて初めてつながり、東名から東北道までは首都高経由より約1時間短くなる。沿線では物流施設や工場の新設が相次ぐ。観光へのプラス効果にも期待が高まるが、ふくらむ建設費負担への懸念もある。

 開通するのは桶川北本インターチェンジ(IC、桶川市)―白岡菖蒲(しょうぶ)IC(久喜市)間の10・8キロ。関越道と東北道が圏央道経由で初めて結ばれる。人や物の行き来が一段と便利になると沿線の期待はふくらむ。

 「新しい時代が開かれる歴史的な日だ。圏央道を通じて街づくりに寄与していきたい」。この日午前、開通区間に新設された菖蒲パーキングエリア(PA、久喜市)であった開通式で、埼玉県の上田清司知事は力を込めた。

 都心の渋滞を避けて輸送時間を短縮できると見込む企業は、沿線に物流拠点や工場を新設する動きを加速させている。埼玉県内では味の素グループが昨年5月、久喜ICの近くに物流センターを開設。家具大手のニトリも幸手ICの近くに、関東一円の店舗に商品を供給する物流拠点を設け、2018年に完成させる予定だ。

 神奈川県内でも、ヤマトホールディングスが13年8月、相模原愛川ICの近くに最新鋭の物流拠点を設けたほか、大和ハウス工業などが賃貸用の物流施設を次々に建設している。

 トラック大手の日野自動車は17年をめどに、本社のある東京都日野市から茨城県古河市に大・中型トラックの組み立て工場を移す。移転先は境古河ICのそば。「(東京や群馬を含む)4工場が高速道でつながった。物流の利便性が増す」(広報室)と、今回の開通を歓迎している。

 観光にプラスになるとの期待も…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら