[PR]

 怪獣かいわいがにぎやかになってきました。2013年の「パシフィック・リム」にKAIJUが出て、昨年はハリウッドゴジラ(レジェンダリーゴジラ)が大いにファンを沸かせ、本家東宝が新宿・歌舞伎町に「実物大」ゴジラヘッドをおったて来年に新作映画を公開すると発表、ハリウッド版の続編にはラドンやモスラやキングギドラも登場するらしいし、現在は「ウルトラマンX」が好評放送中、そしてKADOKAWAが「GAMERA」新プロジェクトを10月にニューヨークで発表し石井克人監督による新作映像(4分19秒)を披露しました。

 そして怪獣映画のキーマンたちが集うシンポジウム「怪獣からKAIJUへ」が10月24日、「文化庁映画週間―MOVIE CAMPUS―」の一環として開催されたので取材に行ってきました。ゲストは、1989年の「ゴジラvsビオランテ」と91年の「ゴジラvsキングギドラ」を撮った大森一樹監督(大阪芸術大学芸術学部映像学科長)、95~99年の平成ガメラ3部作と2001年の「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」の金子修介監督、平成以降のゴジラシリーズを手がけた富山省吾プロデューサー(前東宝映画取締役社長)、そしてモデレーターはKADOKAWAの井上伸一郎代表取締役専務(ほかならぬ、NYでGAMERAのお披露目をした人)。

 思わぬ裏話から「怪獣」の本質を突く分析、そして、庵野秀明さんと樋口真嗣さんが作る新作映画「シン・ゴジラ」の耳寄り情報も飛び出した爆笑のシンポを、たっぷりお楽しみ下さい。

 井上「今日は、三大怪獣をお招…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら