[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは30日(日本時間31日)、カナダ・レスブリッジで開幕する。29日は会場で公式練習が行われ、昨年のソチ五輪以来の対戦となる羽生結弦(ANA)とパトリック・チャン(カナダ)の2人の世界王者が、順調な調整ぶりを披露した。

 羽生は2回割り振られた練習時間のうち、午後の1回のみに参加。フリーで使う映画「陰陽師(おんみょうじ)」の曲をかけ、4回転ジャンプの三つの要素を全て着氷させるなど、落ち着いた表情を見せた。練習後、「パトリック選手がいるからこそ、落ち着いている。張り合いがある」と語った。

 チャンは2回とも参加し、高度なスケーティング技術を披露。3日のジャパンオープンでは課題になったジャンプの調子も上向きで、4回転―3回転の2連続ジャンプを決める場面もあった。羽生との競演について「わくわくしている。ベストの状態で集中して戦いたい」と笑顔で話した。

 日本勢は羽生のほか、男子の村…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも