[PR]

 2020年以降の温暖化対策の新しい枠組みに向け、各国が掲げた温室効果ガスの削減目標を分析した報告書を、国連気候変動枠組み条約事務局が30日、発表した。各国が目標を達成しても、深刻な温暖化被害を避けるのに必要とされる平均気温の上昇を2度未満に抑えるためには、不十分だとしている。

 11月末からパリで始まる締約国会議(COP21)に向けて、より厳しい削減策を各国に促す仕組みを求める声が高まりそうだ。

 次期枠組みで核となるのが、各国が自主的に定めた温室効果ガスの削減目標だ。報告書は、10月1日までに147カ国・地域が提出した削減目標を分析した。排出量では全世界の86%を占める。

 各国が目標を達成すれば、30…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも