[PR]

 ラグビーのワールドカップ(W杯)で史上初の3勝を挙げた日本代表のエディ・ジョーンズヘッドコーチ(HC)が30日、東京都の日本記者クラブで記者会見した。主な発言は次の通り。

 就任時、私は日本ラグビーにプライドを取り戻したいと言いました。どれだけ変わったか。

 W杯の結果は見ての通りです。でも、それ以上の成果があった。それは、チームのプレーの方法です。いつも「ジャパンウェー」を貫き、日本らしいプレーをした。この先も日本代表のレガシー(遺産)を元に、日本らしいプレーをしてほしい。他のどのチームのコピーもしない、そういったプレーを続けていくべきだと思います。

 ラグビーは最もフィジカルなスポーツです。体格差は常に、私たちの前にある。それが現実です。日本の体格は大きくない。その差を埋めるためにも、日本人らしい「ジャパンウェー」を遂行してきた。試合のテンポをコントロールし、スキルを使い、賢く戦ってきた。

 2019年には日本でW杯があります。今の60%の選手がプレーできる可能性がある。これからは日常に戻って、ハードワークを惜しまずに続けてほしい。

 本当に、この4年は楽しかった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも