[PR]

 宮城県仙台市太白区の秋保温泉街で遅咲きのヒマワリが見ごろを迎えている。1日は好天に恵まれ、高さ50センチほどの約5万本が観光客らを楽しませていた。

 夫と共に10年ほど前からこのヒマワリ畑を手がけている佐藤律子さん(55)は「子どもたちの笑顔がうれしい。ぜひ写真を撮って楽しんでほしい」と話した。

 紅葉を目当てに訪れたという仙台市青葉区の主婦(33)は「偶然通ってヒマワリ畑があったのでびっくり。夏と秋が両方味わえた感じ」と話した。

 ヒマワリ畑は県道沿いの磊々峡(らいらいきょう)入口バス停近くで、11月の中旬ごろまでは楽しめるという。