[PR]

 「地球に食料を、生命にエネルギーを」をテーマとしたイタリア・ミラノ万博が10月31日、半年間の会期を終え、閉幕した。訪問者数は2100万人を突破。「和食を世界に売り込め」と日本中の自治体や食品メーカーなどが参加した「日本館」は、200万人以上が来館し、展示デザイン部門で金賞を受賞。参加した世界140以上の国や地域、国際機関の中でも高い人気を集めた。

 日本館には、閉幕目前の30日にも5時間待ちの列ができていた。日本館のリピーターになったというジョバンニ・バッザーナさん(66)は「日本食は地方色豊かで、酒の種類も豊富だと知った」と話した。

 参加国・地域中で最大規模の敷地面積。CGを駆使して日本の四季を紹介する展示や、観客参加型のショーが口コミで評判となり、10時間待ちの日も。「行列嫌いのイタリア人を並ばせた」と地元メディアでも話題になった。

 26日付のイタリア紙コリエレ・デラ・セラが発表した調査でも一番人気。「詩情と科学技術のバランスが絶妙だ」と評価された。

 各地の万博に通って「万博おば…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら