[PR]

 名古屋市西区で1日、同区に住む市立中学校1年の男子生徒(12)が市営地下鉄にはねられて死亡する事故があり、同市教育委員会は2日、生徒の自宅から「いじめが多かった。耐えられない」と書かれた紙が見つかったことを明らかにした。市教委は、いじめを苦に自殺を図った可能性があるとみて調査を始めた。

 愛知県警によると、生徒は1日午後4時ごろ、地下鉄鶴舞線の庄内通駅でホームから転落。入ってきた電車にはねられ、間もなく死亡が確認された。

 市教委によると、自宅の生徒の部屋から「学校や部活でいじめが多かった。部活で弱いなと言われていた」「もう耐えられない。だから自殺しました」などと書かれた遺書が見つかった。生徒は卓球部に所属していた。遺書は手書きの1枚で、机の引き出しから見つかった。家族への感謝の言葉も記されていたが、いじめていた人を特定するような記述はないという。

 生徒は1日、家族と昼食を食べた後、午後3時ごろ、「ドーナツを買いに行く」と言って外出した。遺書はその直前に書かれたとみられ、自殺前に見つけた家族が携帯電話に連絡し、「いじめ大丈夫か、お前」と尋ねたところ、「大丈夫、大丈夫。冗談だ」と答えたという。

 学校は2カ月に1回、いじめの有無を生徒にアンケートしていたが、この生徒がいじめられているという事実は確認していなかった。まじめでやさしい生徒で、中学には入学後、休まず通っていたという。

 市教委の金田慎也・学校教育部長は「こうした事態を食い止められなかったことを大変重く受け止めている」と陳謝した。今後、卓球部員や同級生らから聞き取ったり、無記名のアンケートをしたりして、原因を詳しく調べるとしている。