[PR]

 日本郵便は2日、高知県と千葉県で、マイナンバーを伝える「通知カード」を誤って違う世帯に配達していたと発表した。カードの配達は10月23日に始まり、誤配達は10月末に明らかになった千葉県浦安市と合わせ、計3件になった。また青森県では、通知カード2通を一時、紛失していた。

 日本郵便によると、10月30日に高知県の安芸郵便局が誤配達した。配達員は局に戻って誤りに気付き、封筒を回収。開封されていたが、そのまま本来の届け先に配達した。受け取った人から郵便局に「開封されていたが大丈夫か」と問い合わせがあり発覚した。配達員は誤配達を上司に報告していなかったという。31日には、千葉県の流山郵便局が誤って配達。受け取った人から「宛先が違う」とコールセンターに指摘があって発覚した。

 青森県の五所川原郵便局では、10月31日に局員が配達途中に2通のカードを紛失した。2通とも未開封のまま警察に落とし物として届けられ、11月1日に日本郵便が回収したという。

 高市早苗総務相は2日、日本郵…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら