[PR]

 晩秋にかけ毎年各地の鉄道で増えるシカとの衝突事故。原因を探る中で、シカは好物の「鉄」をなめようとレールに近づくという実験結果も出てきた。試行錯誤の対策と、その効果は――。

 事故増加の背景として、シカの繁殖が進んで餌を探す範囲が広がったことに加え、「線路周辺が移動経路になっている」と専門家は指摘する。JR東海はシカが嫌うとされるライオンやトラのフンをまくなどしてきたが、効果はいま一つ。

 そもそも、なぜシカは線路に近づくのか。2011年から14年にかけ、岐阜県の関ケ原、垂井両町の線路である実験があった。フェンス・メーカーの日鉄住金建材(東京都江東区)が実施。各地の鉄道会社にシカ対策を求められていた。

 夜も野生動物を撮影できるカメラを線路脇に置き習性を観察した。すると、周辺の草を食べた後で線路内に入り、レールをなめるような動きがみられた。

 動物学者からは「シカ肉には鉄…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら