[PR]

清宮克幸の目

 「究極の決勝」だった。今世紀に入って最も激しく、美しい試合だった。日本のラグビー選手は、この試合を繰り返し見る必要がある。まさに、バイブルとして長く受け継がれるべき内容だった。

 目を引いたのは防御。両チームとも(フランカー、ナンバー8の)FW第3列の動きは出色だった。ニュージーランド(NZ)のマコウ、豪州のポーコックらの接点での体の使い方は見事だった。彼らの仕事と傷だらけの顔こそ、繰り返し見るべきだと思う。

 日本のFW第3列は、この試合を参考に防御の練習に注力すべきだろう。豪州のフーパーは182センチ。体格は言い訳にならない。例えばサッカーのセンターFWを防御に配置転換するような大胆な発想を持ち、ぶれない指導を続けなければいけないと気づかされた。

 NZには組織のすべてがそろっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも