[PR]

 1176段の階段を一気に駆け上がるユニークなマラソン大会が3日、大阪市であった。男女259人が参加し、息を切らしながらゴールをめざした。

 会場は55階建ての大阪府庁咲洲庁舎の非常階段。「垂直マラソン」とも呼ばれ、米ニューヨークのエンパイアステートビルから各地に広まった催しだ。

 最高タイムは初回の昨年より10秒遅い7分4秒。フルマラソン経験者もいたが、「階段がどこまでも続くように感じ、マラソンよりきつかった」。