[PR]

 県内5大学・高専が、地元に残る人材を増やすことをめざす文部科学省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択された。県内の産業界と協力して魅力的な就職先づくりを進めるほか、地域が求める人材を育てる講義を連携して行う。

 COC+は、地方創生に向けて大学などが取り組んできた「地(知)の拠点整備事業」(COC)を強化するもので、全国から計40件が採択されている。

 県内では宮崎大、県立看護大、宮崎公立大、九州保健福祉大、都城高専が協力。各大学・高専を卒業した学生の県内就職率は33・3%(昨年度)にとどまっており、今後5年間で10%のアップを目標に掲げる。

 各大学は来年度から「宮崎産業…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら