[PR]

 兵庫県伊丹市昆陽(こや)池3丁目の昆陽池公園で、矢が刺さったカモが新たに2羽見つかった。同公園では先月29日、頭に吹き矢(約10センチ)が刺さったカモが保護されたばかり。伊丹署は同一犯の可能性があるとみて、鳥獣保護法違反容疑で捜査を続けている。

 伊丹市などによると、市職員が今月2日午後、首付近に矢が刺さっているオナガガモとカモ科のキンクロハジロを1羽ずつ確認した。先月保護したオナガガモに刺さっていたものと同じタイプの吹き矢が複数、公園内に落ちていたという。

 市は職員の巡回を強化し、カモを捕獲するための網を調達して5日にも保護を試みる。池を散歩していた女性(68)は「許せない。エスカレートしていくのが一番怖い」と話した。