テレビドラマ「寺内貫太郎一家」などの母親役で知られた俳優の加藤治子(かとう・はるこ)さんが2日、心不全のため死去した。92歳だった。葬儀は近親者で営まれた。

 東京・赤坂生まれ。松竹少女歌劇学校卒業。39年東宝映画に入社し、御舟京子の芸名で映画「花つみ日記」でデビュー。41年に東宝を離れ、劇作家の加藤道夫や芥川比呂志らの「新演劇研究会」結成に参加。加藤作「十一月の夜」で新劇俳優として初舞台を踏んだ。

 46年に加藤と結婚したが53年に死別。49年「麦の会」として文学座に合流した。58年文学座の俳優高橋昌也と再婚し、63年福田恒存、高橋、芥川と劇団「雲」を結成するが、73年に高橋と離婚し、75年には退団した。

 以後、フリーとしてテレビを中心に活躍し、上品で色気のあるお母さん役でお茶の間の人気者になった。脚本家の故・向田邦子と親交が深く、「寺内貫太郎一家」(TBS系、74年)、「阿修羅のごとく」(NHK、79~80年)など多くの向田作品に出演した。

 舞台でも味わい深い存在感をみ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら