[PR]

 ヤフーとソニー不動産は5日、マンションを売る人と買う人がネット上で直接交渉できる新サービス「おうちダイレクト」を、東京都心部を対象に始めた。将来は他の不動産会社とも提携し、地域を広げていく方針だ。ただ、不動産情報サイト「ヤフー不動産」への情報提供をやめる業者も出て、利便性がどこまで上がるかはまだ見通せない。

 「おうちダイレクト」では、売りたい物件の価格を自分で決め、写真とともに「ヤフー不動産」に掲載できる。物件の推定価格を人工知能で算出したり、買いたい人の多さを調べたりする機能もある。売り手となるには、免許証による本人確認など審査が必要だ。

 買い手は売り手とネット上でメッセージを交わし、質問や価格交渉をする。欲しい物件が売りに出たときに知らせる機能もある。内覧や契約のときにはソニー不動産の担当者が立ち会う。成約時の仲介手数料は売り手が無料、買い手が物件価格の約3%を払う。

 当初の対象エリアは東京都の千…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら