[PR]

 新しい命が生まれるそばで、流産や死産、新生児死などで赤ちゃんを亡くす人がいる。赤ちゃんとの思い出や亡くしてからの日々を語り、共有する活動が広がっている。

聞こえなかった双子の産声

 京都市の看護師、本多知央さん(31)は2年前に双子の健人(けんと)君と雄人(ゆうと)君を死産した。

 妊娠に気づいたのは2013年の春。6年間働いた新生児集中治療室を離れ、産科と小児科の混合病棟で勤務を始めた頃だった。

 結婚2年目を迎え、子どもがほしいと話していた矢先。双子と分かった晩は、夫婦で喜びあった。

 「4月27日 初めての胎動。おなかがボコッと変形してびっくりしたけど、感動でした」。日々の双子の成長を記す2冊の母子手帳に、枠いっぱい文字をつづった。

 しかし、出産予定日を数日後に控えた朝、2人の胎動は消えた。勤務先の病院で診察を受け「心拍が確認できない」と告げられた。先輩の助産師に抱きしめられるまで声も出なかった。

 陣痛促進剤を点滴し、翌日に分娩(ぶんべん)。「産声は聞こえない」。そう思うと心まで痛かった。その日の夜から、双子を間に挟んで夫と川の字で寝たことが、家族4人のささやかな思い出だ。2人とも口元は本多さんに、目元は夫にそっくりだった。

 火葬後、悲しみや不安、怒りが入り交じって押し寄せた。街を歩く妊婦やテレビに映る子どもを見るのがつらかった。夫や両親の前では元気な姿を見せようと努めたが、風呂場でおなかの妊娠線をみつめて泣いた。お産の現場への復職はあきらめようとも思った。

 自宅で1人になると、インターネットで「死産」「双子」と検索。ブログなどでつづられている経験者の声を読みふけった。「私だけじゃない」と感じた。

 意を決して参加したのが、赤ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら