[PR]

 ラグビーワールドカップ(W杯)で史上初の3勝を挙げた日本代表は大会直前、日向市の大御(おおみ)神社で必勝祈願をしていた。神社には1年前、ヘッドコーチだったエディ・ジョーンズ氏が訪れ、「選手たちに国を背負って立つ意義を感じてほしいんだ」と協力を依頼。強豪南アフリカを倒して世界を驚かせた勝利の陰には、パワースポットの存在があった。

 W杯開幕を1カ月後に控えた8月17日夜。宮崎市で強化合宿中の日本代表の選手やスタッフ約60人が大御神社を訪れた。選手たちは本殿でおはらいを受けたあと、高さ約4メートル、周囲が約30メートルある「日本最大級」のさざれ石の前に並び、「君が代」を歌った。

 宮司の新名光明さん(67)は、小さな石が粘土や砂と混じり、長い年月をかけて巨大な石になることを説明。「一人ひとりの心がひとつになれば、君が代に出てくる巌のように頑強になります」と励ました。

 今大会のドリームチーム(ベス…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら