[PR]

 ラグビーのワールドカップ(W杯)で日本の存在感を世界に示したエディ・ジョーンズ前ヘッドコーチは、ほかの競技にも精通していた。

 日本のほかのスポーツが国際舞台でどんな位置にあり、どんな課題を抱え、なにを武器にして克服しようとしているのか。各界の指導者を精力的に訪ね歩いて自身の指導論や日本人論をぶつけ、経験談に耳を傾けたという。

 W杯本番を9カ月後に控えた昨年末、5年前のサッカーW杯で16強に進んだ岡田武史・元代表監督と昼食をともにした。目標を高く設定することや初戦の重要性といった点で両者は共鳴した。

 一方で、昨年のW杯ブラジル大会で惨敗すると、直前合宿に使ったホテルや食事、移動、練習内容などを徹底的に調べ上げた。メンタル面を含めたコンディションづくりに問題があったという詳細で的確な指摘に、サッカー関係者は舌を巻いたそうだ。

 ほかにも、水泳の平井伯昌コー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも