[PR]

 大阪地検特捜部は22日、資産家男性の遺産を社会福祉法人に贈るとするうその遺言書を税務署に示し、相続税約5億円を脱税したとして、相続人や税理士、落語家ら7人を相続税法違反と偽造有印私文書行使の疑いで逮捕し、発表した。認否は明らかにしていない。

 7人は、相続人の不動産管理業・高木孝治容疑者(73)=大阪府東大阪市▽税理士・岩上順容疑者(63)=大阪市北区▽会社経営・帖佐(ちょうさ)勝也容疑者(37)=同▽会社役員・藤田浩二容疑者(41)=大阪市東成区▽会社員・榎森(えもり)広高容疑者(48)=堺市南区▽会社員・谷口充弘容疑者(52)=大阪市浪速区▽落語家・西裏(にしうら)文雄容疑者(64)=芸名・桂小軽(おかる)、東大阪市。関係者によると、知人の紹介などで互いに接点があり、金銭的利益を得ようとしたとみられる。

 特捜部によると、高木容疑者は資産家の兄が2013年11月に死去したのに伴い、現金や不動産など少なくとも約10億5千万円の遺産を相続した。岩上容疑者らと共謀して昨年9月、遺産から2億円を除く全額を和歌山県内の社会福祉法人に贈るという兄名義の偽造遺言書を税務署に提出。公益法人に贈った遺産は非課税となる相続税法の規定を悪用し、4億9500万円を脱税した疑いがある。