[PR]

 リンガーハットは6日、ちゃんぽん店のロゴマークを刷新したと発表した。年内に600店を達成するのに合わせたもので、ロゴマークの変更は9年ぶり。長く続いた「赤いとんがり屋根」がなくなり、アルファベットで赤い「R」をかたどったデザインとなった。

 初代のロゴは1982年に登場。2006年に2代目に変わり、今回が3代目。新しい「R」のロゴは3本の線で描かれ、「品質」「サービス」「清潔」を表すという。赤い色は従来のロゴの屋根の色を受け継いだ。同社は「600店の節目にシンプルでスタイリッシュなものにした」(担当者)という。

 すでにインターネットのホームページでは変更済みで、今後はメニューやパンフレットを順次変える。店の看板は来年1月から切り替えていく。店の外観のデザインには「赤いとんがり屋根」は残る。

 また、同社が展開するとんかつ専門店「浜勝」のロゴも、来春にもリニューアルする方針だ。

 リンガーハットは62年に長崎市でとんかつ店を創業し、74年からちゃんぽん店をチェーン展開している。(柴田秀並)