[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦の中国杯は6日、女子ショートプログラム(SP)が北京で行われ、2季ぶりにGPシリーズに復帰した浅田真央(中京大)は代名詞のトリプルアクセル(3回転半)を着氷させ、71・73点で首位に立った。本郷理華(邦和スポーツランド)は65・79点で2位につけた。

 男子は昨季世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が93・19点で首位に立った。日本勢は出場していない。

こんなニュースも