[PR]

 井村屋グループが6日発表した2015年9月中間決算は、売上高が前年同期比4・0%増の179億円、営業利益が同24・4%増の2億円だった。昨年夏は長雨の影響で苦戦したアイス類の売り上げが回復し、売上高は上半期として過去最高を更新した。

 アイス部門の売上高は、主力商品の「あずきバー」の販売本数が同1・4%増の1億9800万本に伸びたこともあり、同3・4%増の77億円。肉まん・あんまん部門も国産牛を材料に使った商品などが好調で、同7・0%増の24億円だった。