[PR]

 ニューヨークの片隅に「ブルー・イン・グリーン(Blue in Green)」という店がある。小さな店で、「郊外からニューヨークに買い物に来るような客が入ってくれるところじゃないんだ」と共同オーナー、ゴードン・ヘフナーは言った。

 寒風が肌をさす水曜日の午後だった。客が来るとドアのベルが鳴る。そのベルがほぼ連続的に鳴って、若者や中年の男たちが入ってきた。彼らは決まったように、同店の目玉商品であるジーンズに向かい、あれこれ手で触って、じっくりと品定めをするのだった。

 「われわれにとって、日本製デニムは最高級商品なのです」とヘフナー。日本の小さな服飾メーカーが生み出す高級ジーンズは、洗いや色落とし、手触りと着心地、そして細部のステッチにまで徹底的にこだわっている。時間をかけてていねいに仕上げ、もうけより品質優先、(しばしば)制作費もどんどんつぎ込む。

 ヘフナーがユージ・フクシマと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも