[PR]

 エジプト東部シナイ半島でロシアの旅客機が墜落した事態を受けて、ロシアのプーチン大統領は6日、ロシアとエジプトを結ぶすべての旅客航空便を当面の間、運航停止にする考えを表明した。英米首脳が機内に爆発物が仕掛けられたテロの可能性を相次いで指摘したのに続き、ロシアもテロ説に傾いているとみられる。

 ロシア連邦保安局(FSB)のボルトニコフ長官は6日、プーチン氏が開いた安全保障会議に出席した後、ロシア機墜落の原因が解明されるまで、ロシアとエジプトを結ぶ航空便の運航を中止するべきだという考えを表明した。プーチン大統領も直ちにこの方針に同意した。

 ペスコフ大統領報道官は「墜落がテロだったと考えているわけではない」と説明し、安全が確保されれば運航は再開されるとした。ただ、ロシアとしても、テロの可能性が否定できなくなったことは明らかだ。

 ロシアの航空会社はただちに運…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

こんなニュースも