[PR]

 7日午前9時20分ごろ、兵庫県伊丹市昆陽(こや)池3丁目の昆陽池公園で、頭部がないカラスの死骸を警察官が見つけた。鋭利な刃物のようなもので首が切断されていた。同公園では先月末から、頭部や首に吹き矢(約10センチ)が刺さったカモが計4羽見つかっており、伊丹署が鳥獣保護法違反の疑いで捜査している。

 署によると、近くの住人から「公園に吹き矢が落ちている」と通報があり、署員が現場で吹き矢と池に浮かぶカラスの死骸を見つけ、回収したという。