[PR]

 大阪市中央区の大手前製菓学院で、粉末のアーモンドや砂糖を使った「マジパン」やチョコレートなどで作った「お菓子の鉄道博物館」が完成した。北陸新幹線開業などから発案し、幅約2・5メートル、長さ約4・2メートルの広さに、1段目は車両庫、2段目は大阪の街、3段目は田舎の風景と富士山を表現した。プラレールの車体を利用した電車は動かすことも出来る。JRや私鉄の33種類、300両を制作した。

 予約すれば、11月中の土曜日に見学できる。問い合わせは大手前製菓学院(06・6941・7057)。