[PR]

 2017年春に卒業を予定する学生が来年に取り組む就職活動について、経団連は9日、企業の採用選考の開始を8月から6月に前倒しする方針を発表した。今年、従来の4月から8月に日程を遅らせたばかりだが、学生や企業の不満を受け、1年で方針転換する。月内に政府や大学側と調整した上で、会員企業向けの指針に盛り込む。

 この日の幹部会合で方針を決めた。榊原定征会長は記者会見で「来年も(今年の)日程を維持すると、同じような問題が繰り返されかねない」と見直しの必要性を強調した。

 会社説明会を始める時期(大学3年の3月)、正式な内定解禁(大学4年の10月)は今年と同じにする。再来年以降の日程は、引き続き検討する。

 今年の見直しは、安倍政権が「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら