[PR]

 集団生活を送る男女が不審な死を遂げた兵庫県尼崎市の連続変死事件で、神戸地裁は13日、角田(すみだ)美代子元被告(自殺時64)の義理のいとこで、殺人3件と傷害致死1件などの罪に問われた角田正則被告(41)に求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。平島正道裁判長は「元被告に匹敵するほどの重大な役割を積極的に果たした」と述べた。

 主犯とされた元被告の親類への一審判決は6人目。検察が「死刑相当だが従属的」とした正則被告は最も重い刑となった。

 2005年に沖縄・万座毛で崖…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら