[PR]

 神奈川県大井町の東名高速にかかる橋の上から走行中の車に多数の生卵が投げつけられた事件で、県警は10日、同県秦野市に住む会社員(21)と高校3年生(18)の兄弟を器物損壊と暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕したと発表した。2人は「悪ふざけでやった」などと容疑を認めているという。

 松田署によると、2人は仲間の少年2人と9月20日午後10時ごろ、大井町赤田の東名高速上り線で橋の上から生卵を投げ、車の屋根を傷つけた疑いがある。4人は同日、約500個の卵を投げたとされ、計54台の被害が確認されているという。同署は、仲間の少年2人も両容疑で書類送検する方針だ。(興野優平)