[PR]

 ソニー創業者の故盛田昭夫氏の長男盛田英夫氏が、会長を務める食品企業ジャパン・フード&リカー・アライアンス(JFLA、大阪市)で不適切な融資にかかわったことがわかった。9月末時点の残高で約2億3千万円に及ぶ。同社が弁護士らによる調査委員会を設けており、盛田氏は会長を辞任する意向という。

 JFLAが、盛田氏の不適切な行為の調査報告として公表した。監査法人から不適切な会計を7月に指摘され、今月6日に予定していた2015年9月期決算の発表も延期している。

 調査委員会の報告書によると、JFLAは盛田氏が実質支配する飲食店運営会社に対し、9月末時点で約2億3千万円を貸している。飲食店運営会社は事業売却で3億円以上のお金を得たものの、その返済資金を盛田氏の意向で盛田氏関連の別会社に貸し付けた。

 JFLAは資金回収できないままとなっており、盛田氏の行為は「債権を回収不能にして同社の利益を犠牲にしている」として、取締役の払うべき注意義務に違反しているという。

 また、盛田氏はJFLAから貸与されたカードで、昨年4月~今年3月の1年間に新幹線回数券を計約236万円分買った。回数券を業務でどう使ったかなどの十分な説明がなく、経費処理に疑問が生じている。

 調査委員会はほかにも不適切な問題がないかを追加で調べている。盛田氏は追加調査の結果を受けて会長職を辞任する意向で、不適切と指摘された新幹線回数券の費用も返すという。

 JFLAの広報担当者は「調査結果を厳粛に受け止めている。再発を防止したい」という。朝日新聞は同社を通じて盛田氏側のコメントも求めたが、同社は「個別の取材に応じていない」としている。(田幸香純)

     ◇

 盛田氏の家系は、350年前に今の愛知県常滑市で創業した老舗の造り酒屋。ソニーを創業した昭夫氏が15代当主で、英夫氏は16代当主にあたる。JFLAは東証2部の上場企業だが、日本酒やみそなどをつくる子会社「盛田」(名古屋市)がグループの中核で、盛田家の影響力が強い。