[PR]

 プロ野球界を揺るがせた野球賭博問題。コミッショナーが10日出した結論は、巨人3投手の無期の失格処分だった。調査の過程で、選手による隠蔽(いんぺい)工作や賭博の日常化という実態も見えてきた。

 日本野球機構(NPB)の調査委員会の調査結果報告書では、無期の失格処分となった巨人の福田聡志(32)、笠原将生(24)、松本竜也(22)の3投手による隠蔽工作も明らかになった。

 報告書によると、3投手は野球賭博が発覚しそうになった際、携帯電話から野球賭博のやり取りのメールを削除。野球賭博に誘った飲食店経営の男性と相談するなどし、賭けていたのは金銭ではなく食事だったとうその説明をするよう口裏を合わせた。その上で、巨人や調査委に対して「復元されたメールに金銭の記載があるとしても、それは冗談を言い合っていた」とうその説明をしていたという。

 報告書は巨人の一部の選手の間…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら