[PR]

 【松尾慈子】前回の将棋マンガに続いて、今回は囲碁マンガを紹介したい。ややオタク寄りとはいえ一応正統派の少女漫画雑誌「花とゆめ」で掲載された本作。「史上初の囲碁少女まんが」とコミックスの帯にあったが、確かに。戦う女子ってカッコイイのに、なぜ今までなかったのか。やっぱ囲碁って一般少女にはとっつきにくいから? でも大丈夫! 囲碁を全く知らない人向けに、本編外で囲碁入門漫画も展開されている。私のようにそれすら理解できなくても、漫画として十分に面白い。少女たちが本気で努力して頭をフル回転させて対局に挑む、その迫力に触れて欲しい。

 主人公は13歳の烏丸和歌。アマチュアの囲碁大会で偶然、17歳のプロ棋士・鷺坂総司七段と出会う。鷺坂は軽薄でオレ様気質ながら、囲碁に関しては和歌には到底及ばないような実力と気迫の持ち主。和歌は鷺坂を師匠とさだめて、鷺坂といつか本気で戦うためにプロを目指す。

 和歌に囲碁を教えた祖父はプロ棋士で、囲碁を最優先させて家族を顧みない性格だったため、和歌の母は和歌が囲碁をすることに猛反対。和歌は「全国大会で優勝したら、プロになることを認めて」と母に宣言する。

 全国大会で次々にライバルたち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら