[PR]

 巨人の現役3投手への無期の失格処分が発表されたプロ野球の野球賭博問題。「黒い霧事件」以来となる大きな汚点が再び刻まれた。日本野球機構(NPB)の調査委員会は、「組織的全体像までを明らかにできるものではない」としたが、球界内には幕引きムードが漂う。問題の根を断ち切り、信頼を取り戻すことはできるのか。

 東京都内にあるNPBの会議室。100人以上の報道陣がつめかけ、9台のテレビカメラが並ぶ中、熊崎勝彦コミッショナーは会見の最後に顔を紅潮させながら言った。「限界という言葉は使いたくないんだが、めいっぱいやった。みなさん不満があるかもしれないが……」

 熊崎コミッショナーは元東京地検特捜部長で、就任前の2005年からコミッショナー顧問として球界の暴力団等排除に取り組んできた。それだけに、会見では無念さをにじませた。「捜査とは違い、調査というのは相手が任意で応じないと対応できない。人権との兼ね合いもある。組織的全容解明ができていないと認めざるをえません」

 調査委は3投手のほか、野球賭…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら