[PR]

 兵庫県伊丹市昆陽(こや)池3丁目の昆陽池公園で11日、吹き矢の刺さったカモ科のキンクロハジロ1羽を市が保護した。同公園では10月末以降、鳥が矢で狙われる被害が相次ぎ、保護した鳥は3羽目。いずれも同じ種類の吹き矢(約10センチ)が使われており、伊丹署が鳥獣保護法違反容疑で捜査している。

 市によると、11日午前11時ごろ、巡回中の職員が矢の刺さったキンクロハジロを見つけ、網で捕獲した。今のところ元気で、様子を見て池に戻すという。市は10日にカルガモ、10月29日にオナガガモを1羽ずつ保護している。

 同公園では今月7日に頭部のないカラスの死骸も見つかっている。