[PR]

 愛知県民は市民活動に冷たい? 国土交通省中部地方整備局が今年2月、ショックなデータを発表した。人口10万人当たりの県別NPO認証法人数が愛知は全国一少ない24・8だった。数は上から8番目の1851だが、人口で割ると最多の東京(71・1)はともかく、平均の38・7も大きく下回る。

 かつて愛知県は衆院15小選挙区で民主党が全勝したり、市民参加で万博計画を大幅に見直したりした。万博の収益金で基金を作り、年1億円余も市民活動に助成しているのだが……。

 少ない理由を整備局や内閣府、県の担当者に聞くと、①東京、大阪にくらべ町内会など地縁団体がしっかりしている②自治体財政が豊か――の2点を挙げる。経済が好調で企業福祉が充実している、という「好意的」な見方もできる。その分、多くの市民は自ら動き出さない、というわけか。

 県によると、豊根村と飛島村は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも